ステーキのあさくま STEAK&HAMBURG

Interview/社員紹介
VOICE02
VOICE01

伊藤 愛
2015年入社
ステーキのあさくま
販促企画

voice01
VOICE02
VOICE02

田中 貴紀
2015年入社
ステーキのあさくま
営業部 可児店店長

voice02
VOICE02

田中 貴紀

2015年入社
ステーキのあさくま
営業部 可児店店長

VOICE02

お客様満足と利益の両立を目指しています

現在は、あさくま川越店で店長をしています。日々のオペレーションの業務でハンバーグを焼いたり接客をしたりするのはちろんのこと、川越店で働く従業員全員で売り上げを上げる、利益を上げることを目標にして仕事をしています。そのためにはお客様に満足してもらうためにサラダバーの内容を1週間ごとに変えてみたり、お客様が喜んでもらえるようなことを企画して、且つ利益が出るように費用を掛けないように節約しています。川越店では、一人のお客様が来店されるペースが早いので、なるべくサラダバーの内容を変えようと1週間にサラダバーのアイテムを2品ずつ変えています。その時も何個か案を出して、なるべく原価のかからない物で他のアイテムとの”彩”を考えながらどのアイテムにするか日々試行錯誤しています。その他には、店長業務の大切な仕事である数値管理をしています。毎日数値を追ってどれだけ利益が出るのか、どういうシフトにすれば人件費が抑えられるか調整しています。数字を追い過ぎてお客様に迷惑を掛けないよう、エリアマネージャーのアドバイスや”ふかかちさん”に話を聞いてみたりしながら、日々取り組んでいます。

あさくまの新業態”ハンバーグメイン店舗”
の2店舗目を出したい

私が店長をしている川越店は新しい業態で、ステーキメインの店舗ではなく、あさくま中で唯一の”ハンバーグをメインとした業態”です。こうして新卒2年目の私がこのような新しい業態の店長を任されることは何かのめぐり合わせだと思っています。現在、数字が落ち込んでいるこの川越店を、試行錯誤しながらも利益を出し、ハンバーグ業態の2店舗目につなげられるように貢献をしようと日々働いています。そのためには、まずお客様をよく知ること。どういうものを求めているのか情報を集め、かつ料理のクオリティーを高めていくために取り組んでいます。私のできることから取り組み、前の店舗で学んだ数値管理、店舗の全員と一緒にお店作りをしていく姿勢等、学んだ事をフル活用して、まずは利益が多く出る店づくりを目指しています。


目指すは店舗立て直しのプロフェッショナル

もっと色々な店舗を見て経験して、自分自身のオペレーションや数値管理、従業員を巻き込める力等、今持ってるをスキル高めていきたいです。いずれは、数字の下がった店舗を立て直すプロになりたいと思っています。「数値の下がった店舗を立て直すなら、田中だ。」と、会社から頼られる存在になりたいと思っています。